お薦め

「青汁を飲んではいけない人は?」

健康にいい青汁ですが逆に害になるために飲むのを禁止されている人もいます。
人工透析を受けているような人は絶対に飲んではいけません。

青汁はカリウムやビタミンAやリンを多く含んでいますので、
体内で余分なものを排出し、代謝をよくしてくれる効果があります。
健康な人ならば何も問題はないこの効果も、
腎臓が悪い人にはカリウムを体外に排出することが出来ずに蓄積してしまうことになります。
そうなりますと吐き気やしびれ、血圧の低下や不整脈などといった、
高カリウム症の症状が起こることになります。

軽い腎臓病ならナトリウムを排出させるカリウムは、
むしろ改善に役立つ場合もありますので、医師に相談してみて、
自分が青汁を飲めるかどうか確認いたしましょう。
カリウムの摂取量に制限がある人に高血圧の人もいます。
他にもビタミンKが抗凝血剤の薬の効果を弱めるとされています。

また甲状腺の機能が著しく低下している人も、控えて方がいい場合がありますので、
自分で判断はせずに、医師に相談してください。
また医師から病気を告げられて、その病気が食事制限などがある場合には特に気をつけなければいけません。

青汁などというある意味、特殊な健康食品の場合には、
医師も説明から外れてしまうこともありますので、きちんとこちらから尋ねるようにしましょう。
これは他のサプリメントなどにも同じことがいえるでしょう。

また青汁を飲んではいけない人ではなく、
飲んではいけない青汁があるというものがあるということをご存知ですか。

それは「ほうれん草の青汁」です。
ほうれん草は鉄分も豊富な緑黄色野菜の代名詞のように考えがちですが、
シュウ酸という成分が腎臓や膀胱の結石の原因となってしまいますので、
ほうれん草は青汁としてではなく、調理をして食べるようにしましょう。

また人参やりんごには野菜のビタミンCを壊してしまう作用があり、生で混ぜることはお勧めではありません。
ただし酢やレモンを加えると破壊は抑えられますので、こちらを混ぜてから加えるようにしましょう。