お薦め

「青汁の原料って種類があるの?」

青汁の定義といえるものは「野菜の栄養分丸ごと絞った汁」であるということですので、
本当に野菜、特に緑黄色野菜と呼ばれるものや、
いぐさなどの薬草に使われていたようなものまでと幅広くあるといってもいいでしょう。

しかし原料をお湯でゆでたりしては青汁の原料ではなくなります。
青汁は生に近い状態でのものほどよいものであり、青汁の元祖といってもいいでしょう。

元々青汁というものが作られたのは、戦中のことであり、
残った大根の葉などからの汁が元祖といってもよく、
食べる物も栄養も不足していた時代に作られたものが元になっています。

それを形にしたのが残った野菜の汁を作って配っていた元軍医でもあった遠藤博士です。
遠藤博士は戦後には様々な研究を重ねて、
「ケール」という野菜にたどり着き青汁の元祖を作りだしました。

青汁にケールのイメージが強いのは、
青汁の父ともいえる遠藤博士の影響が大きいともいえるのでしょう。
ですがケールはクセがありすぎてしまい、
どうしても飲めないという人も多かったことから様々な青汁が生まれていきました。

有名なのは、大麦若葉、明日葉などで大麦若葉にはケールにはない飲みやすさが求められ、
明日葉はケールにはない「カルコン」というむくみを取るという物質が含まれており、
他にも原料によっての効果の違いはあります。
大麦若葉に含まれる栄養素については、こちらにも書かれています。
http://xn--u9j554ha105s1jfc08aix6a.com

ですが、青汁の効果といたしましては、現代人の野菜不足を補い、食物繊維を摂ることによって、
腸を活性化させて老廃物を追いだし、空いた腸から青汁に含まれているビタミンやミネラルを吸収させて、
美肌効果を得るのが主に謳われている効果といえます。
またバランス良く栄養が摂れるため抜け毛の予防もできます。
こちらに抜け毛を減らす育毛シャンプー や人気の育毛シャンプーや育毛剤のランキングがかいてあるサイトがありますのでご覧ください。

そして青汁は野菜の栄養素を壊さずそのまま摂れれば青汁となるほどに幅広いと言えるでしょう。
ですから自分で緑黄色野菜をミキサーにかけて飲んでも青汁といえるのですが、
材料の関係や手間がかかることから長続きしません。

青汁は毎日飲むことによって効果を発揮できます。
そこで自分にあった飲みやすく毎日飲める青汁を見つけるのが一番でしょう。
青汁の比較ランキングを参考にしてください。
http://xn--0-kb9b083j.com