お薦め

「持病のある方は,飲用が出来るかどうかの確認が必要」

持病というと生まれた時からの病気のようなイメージがありますが、
慢性的または断続的長期にわたる病気であれば、
どのようなものでも持病と表現されることがあるそうです。
ですから病気の名前を医師に宣告された時に、
はよく注意事項なども聞いておかなければなりません。

青汁は病気にならないための予防としての健康補助食品でありますが、
病気になってしまえば病気によっては飲むことを禁じられてしまいます。

一番よく聞くのは腎臓の病気には青汁の飲用は禁じられているということです。
青汁はカリウムを豊富に含んだ野菜でできていることが多く、
腎臓病になった人にとってはカリウムの排出に問題が生じ、
カリウムが蓄積されることによって新たな病を引き起こしかねないことになりかねないのです。

ですが軽い腎臓病でしたらナトリウムを排出されるカリウムは、むしろ改善の役にたつこともあります。
人工透析を受けるほどの重度の腎臓病でしたら絶対に青汁を飲むことはできませんが、
そうでないのでしたら、医師に青汁を飲んでいいかを確認いたしましょう。

また他に有名なのは、ワーファリンなどの血栓予防薬を服用されている人には青汁は禁止されています。
理由は、ワーファリンはビタミンKの合成を妨げる抗血液凝固作用を持つ薬であるために、
ビタミンKの合成を妨げることによって、血栓ができるのを予防するという役割があります。

しかし青汁はビタミンKが豊富に入っているものであるために、
せっかくのワーファリンとしての薬の効果を打ち消してしまうのです。
青汁を飲んで薬の効果が消えてしまっては意味がありません。

他にも打ち消してしまう食材もありますので、
医師に食べたり飲んだりしてはいけない食材をよく聞いておきましょう。
他にも高血圧の人や甲状腺に異常のある人なども注意が必要と言われています。

病気の宣告を受けましたらどんなものが体に良いのか、悪いのかをよく医師に聞いて、
完治するまで食べてはいけないものは食べないようにしましょう。

青汁の副作用はこちらをご覧ください。
http://downtowninnchiangmai.com