お薦め

「青汁にデメリットはある?」

青汁のデメリットを聞かれると、
すぐに思いつくのはその独特の味や風味ではないでしょうか。

「不味い、もう一杯」というCMによって有名になりましたが、
ある番組では罰ゲームに使われるなどといったマイナスイメージが定着してしまいました。
もっとも最近ではそういった面を払拭しようと、
あらゆるメーカーが青汁の栄養と共の飲みやすさも追求しています。

青汁は毎日飲むことによって効果が発揮されるものです。
不味いものでは続けることが出来ません。
ですが毎日飲むことがいいことだといっても飲み過ぎはいけません。

基本として説明書に書かれてある量を守って飲むようにしてください。
青汁は飲み溜めが出来ませんので、
下痢や嘔吐などといった症状が表れることも多くあります。
薬ではないのですが、用量を守るのも正しい青汁の摂取の仕方と心得ましょう。

またhttp://www.readersopinions.com/07yasai.htmlにも書いてあるように、
健康食品ですので、薬のような効果は期待できません。
あくまで病気になってしまいましたら青汁では手に負えないばかりか、
病気の種類によっては青汁が害になってしまうこともあります。
医師の診断を受けて青汁が逆に害にならないかをよく確認しましょう。
また青汁は毎日飲むことで効果を発揮することから、毎日飲む必要があります。

また赤ちゃんからお年寄りまで効果は平等にあります。
ですから家族で青汁を飲もうとしましたら、4人家族ですと30袋が1セットだとしますと、
約1週間でなくなってしまう計算になり、単純計算でも1ヶ月で4セット必要となることになってしまいます。
そういった意味ではお金がかかってしまうのは仕方ありません。
いくら1単価が安いものを選んでも蓄積したら痛い出費となるでしょう。

ですが病気予防のためと考えたらどうでしょう。
確かにはじめは分かりにくく出費ばかりに目がいくかもしれません。
ですが、青汁を飲むようになって風邪をひかなくなったという話はよく聞かれ、
基礎代謝が上がる効果があります。

病院に行かないようになるための体作りの先行投資と考えてはいかがでしょうか。

http://www.rotary-chula.org/kale.html←より詳しく青汁について知りたい方必見です。