お薦め

「カルシウムを豊富に摂取することが出来る青汁」

カルシウムの役割は骨などを形成するものであるために、
成長過程にある子供や骨粗鬆症に陥りやすい、
お年寄りにより必要な栄養素と考えられてきました。

しかしカルシウムはそれだけではなく、神経の興奮を鎮め、
精神を安定させるという効果があり、
脳から体を動かす神経伝達にも関与していると言われ、
イライラを防ぐ効果もあるとされているのです。

また恐ろしいことに心臓の筋肉細胞はカルシウムが不足すると、
動かなくなると言われているばかりか、心臓以外の筋肉の収縮運動にもかかわっているほどに、
重要な成分でもあるのです。

牛乳も魚も嫌いなのだけれどという人も少なからずいますが、
実は青汁の材料になる緑黄色野菜にもたっぷりと含まれています。
特に「カルシウムもとれる初摘み若葉青汁」は栄養価が高く癖のない大麦若葉と、
ポリフェノールがたっぷり含まれたごま若葉にアイルランド、
アイスランド沿岸の海底に生育している海藻が原料となっている、
吸収されやすい植物由来のカルシウムが配合されています。

野菜不足もカルシウム不足も補える抹茶を濃くしたような風味の青汁です。
「おいしい青汁」は「モンドセレクション2012金賞」を受賞したほどに美味しく飲みやすい青汁として、
味はこだわり抜いた大麦若葉、熊笹、ローヤルゼリーを採取後すぐに加工するなどのこだわりをもっています。
ヒアルロン酸もたっぷりと含まれており、ビタミンB群の葉酸とカルシウムの含有量も豊富です。

また純粋にメーカーなどにこだわらなければケールを使った青汁は、
カルシウムやビタミンを多く含んでいる野菜の王様といってもいいでしょう。
しかもケールの青汁は少しばかり飲みにくいものがありますので、
そういう場合は牛乳と混ぜることによって、余計にカルシウムを摂ることができやすくなります。

青汁は全体的にカルシウムを含んでいるものも多いので、
自分で毎日飲める飲みやすい青汁を飲み続ければ自然とカルシウムも摂れるでしょう。

青汁の健康効果はこちらも参考にしてください。
http://www.ldhd.info