お薦め

「メラトニンを含んでいる青汁」

メラトニンとは何かといえば脳の松果体で分泌されるホルモンで、
別名睡眠ホルモンとも言われている体温や血圧、脈拍を下げて、
睡眠にいざなう働きがあるものです。

メラトニンは暗くなると分泌されるという特徴があり、
正常に分泌されている人は寝付きもよく、
良質な睡眠をとることができると言われています。

しかし最近では青汁を飲んでいる人には、
メラトニンの心配がないともいわれています。

正確にはケールが含まれた青汁に言えることです。
植物の中でもキャベツの原種といわれる、
アブラナ科のケールはメラトニンを大量に含まれています。
よってケールの青汁を飲むことは自然とメラトニンを摂取することになるのです。

メラトニンは睡眠薬ではなく、睡眠自体の質を高めるということで、
長い間寝てしまうということもなく、良い眠りをとることができるようになります。

日本にはメラトニンのサプリメントが販売されていないので、
外国から手に入れようかと考えている人もいるようですが、
ケールの青汁を飲めばそのようなことは必要ありません。

ケールの青汁で有名なのは「遠藤青汁」です。
青汁の父たる遠藤博士が無農薬、無添加、国産で丁寧に育てたケールだけを使用した、
100%ケールの青汁で、青汁の元祖ともいわれています。

ただし味の方は本当に好みで分かれてしまうほどに、ケールの成分の高い青汁でもあります。
また「不味い、もう一杯」でおなじみになった「キューサイの青汁」の青汁も、
国産100%の青汁にこだわりをもった青汁です。

ただしあまりにもケールの味が強いという人には「はちみつ青汁」といい、
国産の青汁100%と山田養蜂場の熟成はちみつをブレンドさせたものもありますので、
飲みやすい方をお選びください。
またグリーンハウスの「レモンの青汁」も国産で無添加、無農薬のケールを、
レモンと合わせることによって飲みやすくさせています。

他にもケールを使った青汁はたくさんありますので、
自分にあったものを選び、より良い生活環境にしましょう。