お薦め

「青汁に含まれる栄養素」

青汁に含まれる栄養素は青汁の原料によって多少の異なりがあります。

例えばケールを主成分とした青汁でしたら、他の野菜の成分なども豊富ですが、
ビタミンAやカルシウムが多く、
大麦若葉の場合はビタミンやミネラルが豊富であり、各種酵素も含まれています。
酵素には、体の老化を早める活性酸素を無毒化する働きがあります。

また明日葉の青汁はケールよりも栄養素が豊富な上に、
カルコンという成分が含まれており、このカルコンにはセルライトを解消する成分の他に、
胃酸の過剰分泌を抑えて胃腸の働きを調える効果も期待されています。
同時にカリウムにはむくみや毒素を排出するデトックス効果に、血圧を低くする作用もあるとされています。
青汁の有効成分はこちらにも書かれています。
http://www.crossfadeonline.com

このように青汁の3大有名な原料を比べただけでも違いがあることから、
これがすべての青汁をとなりますとやはり原料によっての変化はあるでしょう。

青汁すべてに共通しているものは、
大きく言えば食物繊維とミネラル、そしてビタミンです。

食物繊維が不足しますと、腸の中に老廃物が溜まることになります。
つまり便秘です。
元々青汁の大きな働きのひとつに便通をよくするという効果があります。
現代の食生活や生活習慣の乱れが野菜不足を招き、
ひどい便秘や肌荒れを解消するのが青汁の最大の効能といってもいいでしょう。

便秘なんてと考えがちですが、便秘は老廃物を体内にとどめるばかりか、
その老廃物が健康を害する恐れもあるものですので、決して軽んじないでください。

また腸から老廃物が出て行くことによって空いた腸からミネラルやビタミンが吸収されます。
これが美肌効果やサラサラ血などにつながり、新陳代謝が高まることによって、
他の病気の予防の効果をもったり、太りにくい体に体質改善をしていきます。

なによりも現代人が1日に摂取するべき350g相当に匹敵する野菜と、
同じ栄養素を手軽に摂れるということが青汁にとって最強の栄養素といってもいいのではないでしょうか。
青汁の人気ランキングはこちらです。
http://img4.net